学生でもカードローンでお金を借りられる?審査はどうなの?

キャッシング即日融資

学生でもカードローンでお金を借りられる?審査はどうなの?

 

学生でもカードローンでお金を借りられる?審査はどうなの?に関して詳しく説明している画像

 

1.学生がカードローンでお金を借りるための5つのポイント

 

学生なら一度は絶対にあるお金がない・・・という状態。

 

・親からこれ以上仕送りをもらうこともできない。
・アルバイトの給料も入ってくるのがまだ先。。。
・友達に借りるのもなんか気が引ける

 

それでも、今月足りない部分を少しでも一時的に借りたい!

 

キャッシングやカードローンなどにより様々な金融機関でお金を借りるサービスを利用することができますよね。ですがそういったサービスを利用するうえでは働いていて収入があるということが前提となっています。収入証明書等の提示が必要になってくるケースも多いです。

 

では学生のような方はそういったサービスを利用することはできないのでしょうか?

 

 

 

1-1.アルバイトで定期的な収入は最低条件

 

 

アルバイトで定期的な収入は最低条件に関して詳しく説明している画像

 

 

アルバイトで定期的な収入を得ることは借りるための最低条件です。

 

カードローンやキャッシングでお金を借りるときには定期的に安定した収入を得ているということがとても重要で、返済できることが最低の条件になってくるのでアルバイトなどで定期的に一定の収入を得ていることがとても重要になります。

 

学生がカードローンをお金を借りるための最低条件として、

 

   学生がお金を借りるための最低条件

@

 20歳以上であること

A

 定期的に安定した収入があること


※金融機関によっては学生は20歳以上であっても親の承諾が必要な場合があります。

 

 

毎月定期的にアルバイトなどで一定の収入があり、20歳以上であればカードローンでお金を借りることは可能です。しかし、収入に関して注意してもらいたい点があります。

 

・親から毎月もらっている仕送り
・ヤフオクなどで自分の物を売った収入
・パチンコなどのギャンブルで得た収入

 

といったお金は毎月のように定期的にもらえる安定した収入ではないので、お金を借りる時に必要になってくる収入ではないので注意してください。

 

学生でも借りることは可能ですが収入などの条件を満たす必要があります!

 

 

 

1-2.大手で有名な会社を利用する

 

 

大手で有名な会社を利用するに関して詳しく説明している画像

 

学生の場合大手で有名な会社を選ぶのがおすすめです。

 

学生で初めての方が利用する場合のカードローンを選ぶポイントとしては、

 

@ CMなどをしている誰でも知っているような会社
A 銀行口座を持っている銀行のカードローン

 

@の誰でも知っている会社であれば法律に従って運営しており、闇金のような悪徳な会社に騙されることもありません。また、Aの場合には借りるときの安心感がありますし、口座を作る手間も省けるので融資までの期間が最短で当日ということも可能です。

 

学生は@Aに当てはまるカードローンを選ぶと失敗することはないです!

 

 

 

1-3.収入など正確な情報の記入

 

 

収入など正確な情報の記入に関して詳しく説明している画像

 

 

個人の情報を書くときに収入などは正確な情報を書くようにしましょう。

 

個人情報を記入する時に収入などを記入する欄があるのですが、なんとなく収入を多く書いた方が審査に通りやすい感じがしますよね?しかし、銀行や消費者金融というのは多くの審査を経験してきており少しでも疑わしい点があれば落とされてしまう可能性があります。

 

収入というのは審査をするときに一番ウソが書かれるポイントなので、銀行側も慎重に審査も行います。疑わしければ収入証明書の提出を求められることもありえるので収入の欄の記入には注意しましょう。

 

収入などの情報は正確に記入するようにすることが大事です!

 

 

 

1-4.クレジットカードで実績を作っておく

 

 

クレジットカードで実績を作っておくに関して詳しく説明している画像

 

 

審査を通過するためはクレジットカードで実績を作っておくことも大事です。

 

カードローンの審査で安定的な収入というのもとても重要なのですが、同じくらい重要なポイントとしてクレジットカードやカードローンの利用実績というのも審査通過をするためにとても重要なポイントになってきます。

 

クレジットカードなどの利用履歴というのは信用情報機関に登録され、銀行や消費者金融がお金を借りる人がどのような利用の実績があるのかを確認します。信用情報に何も情報がないと金融機関も判断がすごく難しくなるんですね。

 

そのため、審査に通りやすくするために利用実績を作っておくことが大事です!

 

 

 

1-5.実績を作るためには支払いの滞納はダメ

 

 

実績を作るためには滞納はダメに関して詳しく説明している画像

 

利用実績を作るためのとても大事なのは支払いをきっちりと行うことです。

 

カードローンの審査に通すためにはクレジットカードなどの利用実績を作ることが大切です。クレジットカードの利用実績とはお金を滞納しないでしっかりと返済、お金を払えているかということなので滞納は信用に傷がつくので絶対に禁止です。

 

クレジットカードの分割払いなら滞納はダメというのはわかりやすいと思うのですが、携帯やスマホの分割、割賦の支払いも滞納してしまうと信用情報に記録として残ってしまうので注意してください。

 

信用情報の実績を作るために支払いの滞納は絶対に避けてください!

 

 

 

2.学生キャッシングQ&A

 

学生キャッシングQ&Aに関して詳しく説明している画像

 

2-1.学生ローンの気になる限度額は?

 

 

学生がお金を借りる場合、気になるのが限度額です。

 

アルバイトをしていたとしても、正社員や自営業など、社会に出ている人の収入と比べると、信頼性が低いのは否めません。そのため、学生がお金を借りる場合の限度額は10万円〜15万円程度と低く設定されています。

 

限度額を低く設定しているのは返済能力があまりないという理由も大きいのですが、まだ学生の段階で無理な借り入れをしないようある程度教育的な配慮しているために限度額が低くなっているという一面もあります。

 

学生の限度額は10万円〜15万円までという金融機関がほとんどでしょう!

 

 

(参考)
限度額と極度額の違いとは?何を基準に決まるの?

 

 

 

2-2.親や学校にバレル心配はない?

 

 

親や学校にバレル心配はない?に関して詳しく説明している画像

 

 

お金を借りて親や学校にバレルかどうかというのはかなり気になる点です。

 

カードローンの中には20歳を超えていても学生のうちは親の承諾書が必要な会社もあります。しかし、ほとんど会社で親の承諾は必要なく学校に連絡がいくことはありえません。そのため、親にバレズにお金を借りることは十分に可能です。

 

親にバレないように注意したいいくつかのポイントがあります。

 

@ カードが家に届かないように自動契約機に取りに行く
A 明細書が届かないようにweb明細に設定をする

 

親にバレテしまうのは家に銀行や消費者金融から郵送物が届いてしまってバレルことが多いです。そのため、郵送物が届かないようにお金を借りるときに使うカードは近くの自動契約機に取りに行き、毎月の明細書はwebで確認できるように設定をしましょう。

 

家に郵送物が届かない設定をすれば親バレもないので安心してください!

 

 

 

2-3.バイト先にも在籍確認の連絡があるの?

 

 

バイト先にも在籍確認の連絡があるの?に関して詳しく説明している画像

 

 

アルバイトであっても在籍確認の連絡はあるのでしょうか?

 

キャッシングの申し込みをする場合ほぼ全ての会社で在籍確認の連絡をして本当に在籍確認をしますが、『○○消費者金融ですが』などと連絡がくるわけではなく、『○○ですか○○さんいますか』という連絡なのでバイト先にバレル心配はありません。

 

それでも、バイト先に連絡が来るのが嫌だなという方は、『クレジットカードの審査で連絡が来るかもしれない』ということを店長に報告しておくと良いと思います。

 

バイト先に在籍確認の連絡はありますがバレルことはないので安心してください!

 

 

(参考)
キャッシングって在籍確認なし、電話確認なしで借りられるの?

 

 

 

2-4.学生カードローンの審査は厳しめ?

 

 

学生がお金を借りるときには審査は厳しくなりがちです。

 

学生であっても急場をしのぐためのお金が必要になることはよくありますが、学生がお金を借りる場合、社会人よりもどうしてもハードルは高くなります。学生には安定した収入がないからです。学生がお金を借りる場合、審査は厳しくなります。

 

お金を借りるときの審査というのはこの学生はしっかりと返済できるのか?という観点で審査が行われるので、学生の場合にはアルバイトで収入を得ているケースがほとんどなので長い期間アルバイトを継続的にしているかなど審査の項目は多いんです。

 

そのため、バイトを継続していないと審査の通過は厳しいでしょう!

 

 

 

2-5.学生の借金は就職活動に影響はないの?

 

 

学生の借金は就職活動に影響はないの?に関して詳しく説明している画像

 

 

借金をすると就職活動に影響が出るのかは大事なポイントです。

 

基本的に個人の信用情報を本人の承諾なしに照会することはできないので、借金が会社にバレて、その借金が原因で就職試験に落ちるということはありません。

 

しかし、日常的にお金を借りる人の信用情報を照会している

 

・銀行・信用金庫・信用組合
・クレジット会社・信販ローン会社
・消費者金融

 

では、個人の信用情報を照会して就職試験の最終試験などで利用しているケースも中にはあるかもしれません。信用情報機関の規約では就職活動へ信用情報の利用を禁止していますが、わからないように照会することは実際には可能なようです。

 

 

しかし、借金だけで直接就職活動に影響があるかと言えばそうではありません。

 

・返済が滞ってしまうことが良くある
・多重債務で返済のめどが立たない

 

などの特殊なケースですので、借金を毎月返済できていたり、奨学金のような借金があるからと言って就職活動で問題になることはありえません。

 

借金をしているだけで就職活動に影響が出ることは基本的にありません!

 

 

 

2-6.怖い取り立てが来ることはないの?

 

 

怖い取り立てに関して詳しく説明している画像

 

 

借金と言えば怖い取り立てというイメージですが実際にはどうでしょうか?

 

テレビや漫画などの影響で借金をすると怖い取り立てをされると勘違いしている方もいますが、実際には銀行や大手消費者金融は上場もしている大きな会社なので怖い違法な取り立てをされることはありえないので安心してください。

 

しかし、怖い取り立てがないのは合法で運営されている会社でのカードローンで、違法で運営されている闇金やソフト闇金では違法でもなんでも関係なしに取り立てを行ってくるので注意しましょう。

 

有名な大手のカードローンなら怖い取り立ての心配はないので安心してください!

 

 

 

2-7.学生ローンは比較的金利も低いの?

 

 

学生ローンは比較的金利も低いの?に関して詳しく説明している画像

 

 

学生ローンは比較的金利も安く学生向けのローンと言えます。

 

学生ローンは一般の消費者金融や銀行のカードローンに比べて金利が低い傾向にあり、『18歳以上から利用することができる』『アルバイトなどの収入がなくても借りることができる』など学生のニーズに合わせて利用することができます。

 

もちろん会社によっては未成年の方は利用できない場合やアルバイトをしているということが条件になっている金融機関もあります。金融機関によって違いますので事前に確認をするようにしましょう。

 

一般のキャッシングサービス等に比べると限度額は少ないですが学生には利用しやすいです!

 

 

 

<あなたにおすすめページ>

 

即日融資・低金利で利用できるカードローンに関して詳しく説明している画像

 即日融資・低金利で利用できるカードローン

 

実は即日で融資が可能な銀行や消費者金融は少ないんです。そこで、即日で借りられるおすすめの銀行や消費者金融をご紹介します。