キャッシング審査の流れ

キャッシング即日融資

キャッシングの審査で通過するためにはポイントがあります!

 

キャッシング審査通過のポイントに関して詳しく説明している画像

 

消費者金融や銀行でキャッシングを利用する時には絶対に審査が付きまとってきますが、

 

どのような基準で審査が行われているのか?
審査が通過する理由とダメな理由!
審査に厳しい会社と厳しくない会社はあるのか?

 

初めてキャッシングを利用する方や利用したいんだけど審査に通過しなかった人など気になっている人も多いと思います。

 

 

そこで、以前に某消費者金融で働いていて実際に審査を行っていた和也さんと対談形式で『どのような審査基準が採用されているのか?』『どのような人が審査に通過してどのような人が審査に落ちてしまうのか?』など内部の人にしかわからないそんなキャッシング審査の裏側をご紹介して実際にどうすればいいのかなど詳しくご紹介していきます!

 

 

 

1.キャッシングの審査で重要になってくる基準って?

 

 

 

実際に以前に消費者金融を利用しようと思っていたのですが、審査に通過しなかったのでそれ以来審査ってどんな基準で通過の合否が決まってくるのかすごく気になっていたので和也さん今日はキャッシングの審査について教えてください!


<安達さとる>

 

 

私は実際に某消費者金融の審査を5年やっていたので審査の表から裏まで知っているので、審査の基準やどのような経緯でさとる君が審査に落ちてしまったのかを解説していきます。


<坂本和也>

 

1-1.キャッシング審査の2つの基準

 

 

 

キャッシングの審査には2つ流れがあってそれを基準に合否を決めます!

 

スコアリングシステム
外部の信用機関情報の活用


 

 

<スコアリングシステム>

 

審査の前に記入した年収などの属性の情報を得点化して例えば『20点以上なら30万円まで利用可能』などの融資額の決定の際の目安にします。

 

 

<外部の信用機関情報の活用>

 

消費者金融の内部だけではなく外部に『以前に破産した人』『返済が延滞した人』などの情報が一括で集められている信用情報機関があるのでそこを利用して以前に金融事故が起こっていないかをチェックします!


 

1-2.キャッシング審査で重要視される属性

 

 

 

ここから審査で特に重視される属性を紹介していきます!


 

 

年齢

20代〜40代

50代

60代以降

結婚

独身+実家

既婚+子供有り

既婚(夫婦2人だけ)

電話番号

固定+携帯

固定

携帯

職業

・正社員
・大手企業
・公務員
などの安定した職業

 

・派遣
・アルバイト

居住年数

10年以上

5年以上10年未満

5年未満

金融事故の有無

無し

 

返済遅れなどの事故

 

 

 

 

 

<年齢・結婚>

 

消費者金融では利用者の中心を『20代から30代に設定していて、特に自由に使うことができるお金が多い独身者の方が利用する金額、返済のために必要な資金を持っているという観点』からこの年代の評価は高くなっています。逆に40代以降になってしまうと住宅ローンを抱えているなどの場合も多いため審査に通過しても融資が少なくなる可能性が高くなっています。

 

 

<電話番号>

 

電話番号は消費者金融側からの確実に連絡を取ることができるのかが重要になってくるため、『簡単に電話番号の変更ができない固定電話』を持っている方が信用が非常に高く、簡単に解約や電話番号の変更ができる携帯電話だけの場合には得点が低くなってしまうんです。

 

 

<職種>

 

ここは返済できるかどうかに直結してくる項目なので、『公務員や10年以上会社勤めをしているなどの離職率が低い人』の信用は高く、逆に『その日払いの職業や2年くらいで転職を繰り返してしまう人』の信用は下がってしまいます。

 

 

<居住年数>

 

これも職種に似ているのですが、『何年その家に居住しているのかでその人の支払い能力を簡単に推測することが可能』になってくるので、同じ場所に居住している年数が長い場合の方が信用は高くなってきます。

 


 

 

意外と細かくその人の返済できるのかなど調べるんですね。

 

少し気になったのですが、
『その人の年収とかは重要じゃないんですか?』


 

 

すごくいい質問ですね!

 

実は今『収入証明書がいらないキャッシングが非常に増えていて』その人が記載した年収や給料が実際にいくらなのか確かめる方法がないことが多いので、実際に年収などを重要視して審査をしてしまうと失敗してしまうことが多いんです。

 

それに、記載してもらった企業などの名前で大体の年収はわかってしまうので、それ以上に高い年収などを書いてしまうとコイツ嘘ついているなと思われてしまう可能性が高いので注意しましょう!


 

 

たしかに、私の時も収入証明書がいらなかったので今よりちょっと年収を高く書いてしまったのが悪かったのかもしれないですね・・・

 

収入証明書渡さないんだから審査の時に良くなろうと思って年収を高く書いちゃうのも問題なんですね(>_<)


 

 

そうなんですね!

 

そのため、嘘をついているのは消費者金融側では意外とわかっているのでそれで得点が低くなって融資が受けられない人はかなり多くいますので注意してくださいね!


 

 

 

2.審査通過の確率をUPさせるための3つのポイント

 

審査通過の確率をUPさせるための3つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

2-1.借りる分だけ希望する

 

 

借りる分だけ借りたい金額を申請することがとても重要です。

 

キャッシングやカードローンの審査は希望する限度額が高くなればなるほど審査が厳しくなってきます。そのため、借りる分以上に限度額を希望してしまうとその分審査が厳しくなってしまい審査が通過しにくくなってしまうことになりかねません。

 

特に初めてキャッシングの審査をするときには10万円〜30万円位の希望借入額を申請しておくことで、審査に通過する確率が上がるので最初の審査は少額を希望するようにすることがとても重要です。

 

今必要な金額以上に借入れ希望額を申請しないことが重要です!

 

 

 

2-2.ウソの情報は書かない

 

 

ウソの情報は書かないに関して詳しく説明している画像

 

 

ウソの情報は絶対に書かないようにしてください。

 

消費者金融や銀行では今までの利用者のデータがものすごく蓄積されているので、ウソの情報が書かれている場合には見破って審査に落ちてしまう可能性があるので正しい情報を書くようにしましょう。

 

また、審査を通過したとしてもウソがばれたときには規約違反になのですぐに返済を求められることもあります。他の金融機関からの借り入れもできなくなってしまう可能性が高い危険な行為なんです。

 

そのため、キャッシングの申し込みでは真実の情報だけを書くようにしてください!

 

 

 

2-3.自分が借りられる限度額を把握

 

 

自分が借りられる限度額を把握に関して詳しく説明している画像

 

 

自分が借りられる金額はしっかりと把握しておきましょう。

 

消費者金融でキャッシングを利用する場合には、自分の年収の3分の1しか借りられないと法律上決まっているので、お金を借りたいと思っていても他の消費者金融で年収の3分の1を借りている場合には借りられないの注意しましょう。

 

例えば、年収が300万円の場合には消費者金融で合算して100万円までしか借りることができません。そのため、今90万円他社で借り入れしている場合には10万円までしか申請できないことになります。

 

そのため、審査前に自分がいくら借りられるかのチェックはしておきましょう!

 

 

 

3.審査が通らない・落ちた大きな原因は?

 

審査が通らない・落ちた大きな原因に関して詳しく説明している画像

 

3-1.必要事項を間違えてしまった

 

 

意外と多いのが必要事項の記載を間違えてしまったことです。

 

キャッシングでは申し込みの時の情報が正しいのかを確認するために書類や在籍確認を行います。そのため、申し込みの時の情報と異なっていたり在籍確認の時に電話がつながらなかった場合には審査に通らず、落ちてしまう可能性があります。

 

細かい箇所が間違っていたのなら確認の連絡が来るので問題はないのですが、複数の間違えをしていると嘘を書いていると判断されてしまうこともあるので必要事項は間違えないように確認をしっかりとしましょう。

 

申し込み情報は審査に大きな影響があるので間違いないように確認してください!

 

 

 

3-2.3社以上から借りてしまっている

 

 

3社以上から借りてしまっているに関して詳しく説明している画像

 

3社以上から借りていると審査が通らない可能性は非常に高いです。

 

銀行や消費者金融の審査基準に『他社借入金額』『他社借入件数』というものがあります。他社借入件数の重要性は会社によって違いますが3社以上借りている場合には新規の融資をしないケースがほとんどです。

 

そのため、既に3社以上から借りてしまっている場合には、銀行のおまとめローンを使って借金を一本化をして他社借入件数を減らしておくのをおすすめします。おまとめローンは返済総額を下げたり、借金の管理が楽になったり大きなメリットもあります。

 

3社以上の他社から借りている場合には審査通過は難しくなります!

 

 

(参考)
借金一本化!低金利のおまとめローンで返済総額を引き下げる!

 

 

 

3-3.以前に返済の遅れなどの金融事故を起こしている

 

 

5年以内に返済の遅れなどをしている場合には審査に通らない可能性があります。

 

ほとんどの銀行や消費者金融が信用情報機関(CIC、JICC)を使って審査の段階で、

 

・5年以内の借金の状況
・借金の返済で延滞をしていないか?
・債務整理を行っていないか?

 

を確認して審査を行っていきます。

 

信用情報機関では加盟している銀行、消費者金融で情報が5年間保存・共有されているので、過去5年で延滞を頻繁にしていたり、何カ月も延滞している場合には審査を通るのは難しくなります。

 

5年以内の借金で延滞などの問題があると審査で落とされる可能性が高いです!

 

 

 

3-4.短期間に複数の会社に申し込みをした

 

 

短期間に複数の会社に申し込みをしたに関して詳しく説明している画像

 

 

短期間に複数の会社に申し込みをすると審査に通らなくなります。

 

短期間に複数の会社に申し込みをして審査に通らなくなっている状態を『申し込みブラック』と言います。というのも、複数の会社に短期間で申し込みをしているからお金に相当困っていると判断されて審査で落とされる可能性が非常に高いんです。

 

銀行や消費者金融に申し込みをした情報というのは信用情報機関(CIC、JICC)に登録されることになるので、他社で申し込みをしている、借りている情報というのは筒抜けになっているんです。

 

そのため、不安だからと数日の間に色々な会社に申し込むのは辞めてください!

 

 

 

3-5.運が悪かっただけかも

 

 

審査が通らなかったのは金融機関と相性が合わなかっただけかもしれません。

 

銀行間でも審査の基準は違いますし、消費者金融の間でも審査の基準は意外と違います。そのため、申し込んだ会社と相性が合わなくて次に申し込んだ会社では審査に通過したというケースは多いです。

 

短期間に3社以上の会社に申し込みをしてしまうと申し込みブラックになってしまうので辞めた方が良いのですが、2社目の申し込みは問題はないので最初の会社の審査が落ちてしまったらもう一社の申し込みをしてみるのがおすすめです。

 

相性が合わなかった可能性もあるのでもう1社申込んでみるのもおすすめです!

 

 

 

4.キャッシング審査の流れや審査の期間や時間

 

キャッシング審査の流れに関して詳しく説明している画像

 

4-1.キャッシング審査の流れ

 

 

キャッシング審査は仮審査と本審査に分かれています。

 

会社によっても審査の流れは多少違いますが、キャッシングの審査の流れは記入された個人情報などからまずは仮の審査を行っていきます。仮審査を通過したら今までに金融事故がないのかなど詳しい情報を参考に審査を行い通過しだい融資を受けれるようになります。

 

   審査の内容

仮審査

・機械による審査
・基本情報から短時間で審査
・大まかな仮の限度額の設定

本審査

・人間による審査
・信用情報機関などを使って審査
・過去の情報など調べて融資可能か判断
・返済の可能性を判断して限度額の決定

 

 

 

4-2.キャッシング審査の期間や時間は?

 

 

キャッシング審査の期間や時間に関して詳しく説明している画像

 

 

キャッシングの審査にかかる期間や時間はどのくらいでしょうか?

 

審査にかかる期間や時間はその日のうちにお金が借りられるどうか気になる人にとってはとても重要なポイントだと思います。申し込む時間によっても審査の時間は変わってしまうので午前中までに申し込みが完了している前提でどのくらいの期間・時間がかかるのかご紹介していきます。

 

 

 

審査期間・時間

コメント

三井住友銀行

最短30分

2時間以内に結果が出ることが多い

三菱東京UFJ銀行

最短30分

2時間以内に結果が出ることが多い

みずほ銀行

最短当日

申し込み方法によって1週間以上かかることも

新生銀行レイク

最短40分

1時間以内に結果が出ることが多い

オリックス銀行

最短当日

2,3日かかってしまうケースも多い

アイフル

最短30分

2時間以内に結果が出ることが多い

アコム

最短30分

1時間以内に結果が出ることが多い

プロミス

最短30分

1時間以内に結果が出ることが多い

 

 

最近では銀行も即日融資に対応できるように審査が早くなってきましたが、消費者金融に比べるとまだまだ審査は遅い印象です。その日のうちにお金を借りたい場合には消費者金融を優先して申し込みをするのが良いと思います。

 

 

 

<あなたにおすすめページ>

 

即日融資・低金利で利用できるカードローンに関して詳しく説明している画像

 キャッシング!即日融資・低金利で利用できるカードローン!

 

キャッシング・カードローンは会社によっては即日融資ができます。しかし、申し込み、審査の時間がわかっていないといけません。そこで、審査も早いカードローンをご紹介します。

 

 

 

キャッシング審査で通過するために重要なポイントは?記事一覧

1.キャッシングの審査通る人と通らない人がなんでいるの?1-1.キャッシングで一番重要なのは返済能力キャッシングで最も重要視されているのは返済能力です。キャッシングの審査で重きを置かれているのは、返済を滞りなく行ってくれそうかどうかです。誤解を恐れずに言ってしまえば、借りたお金を利子付けて返してくれればそれで良いというのが本音です。そのため、キャッシングの審査では借りる人間の返済能力がどれほどある...

1.キャッシングの審査基準など1-1.キャッシングの審査基準はどこも同じなの?キャッシングの審査は有名な銀行や消費者金融の審査を通過すれば、他の銀行や消費者金融でも同じ内容で通りやすくなります。ここからも分かる通りキャッシングの審査はだいたい共通した基準を持って審査しています。ただ、どこも同じ審査基準レベルであるとは限りません!それではまず共通している審査基準とは何かというと、・信用情報にキズがつ...