モビットの審査に通過するためには?モビットの3つのメリットと3つの注意点

キャッシング即日融資

モビットの審査に通過するためには?モビットの3つのメリットと3つの注意点

 

300x250 オリコンバナー

 

1.モビットの審査を通過するためには?

 

1-1.モビットの審査を通過するための目安

 

 

モビットで審査を通過するために大事なポイントは何でしょうか?

 

モビットの審査の基準というのは公開されているわけではないので、モビット独自の審査基準というのはわからないのですが、一般的に審査で重要なポイントをご紹介していきます。

 

@ 半年以上継続的に安定した収入がある
A 最近3ヶ月で返済が遅れたり滞納をしていない
B 他社で年収の3分の1借りていない
C 年収を多めに書いたりウソはつかない

 

この4つのポイントは審査で特に重要なポイントです。

 

モビットは消費者金融で総量規制の対象になり、他社と合わせて年収の3分の1以上は借りることができないので注意が必要です。また、印象を良くするために年収を多く書こうとする方がいますがウソは意外とばれるので絶対にウソは書かないようにしましょう。

 

モビットの審査を受ける前に4つのポイントは確認しておいてください!

 

(参考)
キャッシング審査で通過するために重要なポイントは?
総量規制対象外で借りれるキャッシング・カードローン

 

 

 

1-2.10秒で簡易の審査結果がわかる

 

 

モビットでは10秒で実際に審査の簡易版が表示されます。

 

いくつかのホームページでどれくらい借りれるかシュミレーションがありますが、モビットの10秒審査は本審査前の事前審査として氏名などを記入することで実際にどのくらい借りられるのかの目安がわかるんです。

 

本審査の結果を知るためにはある程度時間がかかるので、その前に10秒の事前審査でどのくらい借りられるのかがわかるのおすすめのポイントです。しかし、本審査で結果が変わることもあるので注意が必要です。

 

モビットなら10秒の事前審査で限度額の目安がわかります!

 

 

 

1-3.審査は最短で30分で結果がわかる

 

 

モビットの審査は最短で30分と本当に速いです。

 

10秒で事前審査でどれほど借りられるのかわかるのもすごく早いですが、審査の結果も最短で30分でメールカ電話で連絡がきますので早くお金を借りたい方にとっては審査が早いのはかなり魅力的です。

 

しかし、午後になると午前中に比べて申し込みをする人が増えるので審査時間が2時間かかるということもあるのでその日のうちに融資を受けたい場合にはできるだけ申し込みは午前中に終わらせましょう。

 

審査は最短30分など結果がすぐわかるのはすごく魅力的です!

 

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

 

2.モビットの3つのメリット

 

モビットの3つのメリットに関して詳しく説明している画像

 

2-1.来店、電話、郵送物なし

 

 

モビットの最大のメリットはWEB完結申し込みです。

 

キャッシングを利用して誰かにバレたら嫌だなとか郵便物がいっぱい届いたら嫌だなと感じる人も多いと思います。しかし、モビットのWEB完結申し込みを利用することで、

 

・来店する必要がない
・電話での連絡なし
・書類などの郵便物が無し

 

という条件でお金を借りることができます。今ではほとんどの会社で在籍確認の電話はあるので、モビットのWEB完結申し込みはキャッシングを誰にも知られたくない方にとってはすごく魅力的です。

 

しかし、WEB完結申し込みをするためには2つの条件を満たす必要があります。

 

 

WEB完結申し込みの条件

@

 三井住友銀行or三菱東京UFJ銀行の普通口座を持っている

A

 社会保険証or組合保険証

 

 

2つの条件を満たすことでWEB完結申し込みを利用して電話連絡なしで、書類などの郵便物が届かないようになるので、誰にもわからないようにキャッシングをしたい方はモビットはすごくおすすめです。

 

モビットのWEB完結申し込みは他社にはない魅力的なサービスです!

 

 

 

2-2.即日での融資も可能

 

 

モビットは即日での融資も可能なので急いでいる方におすすめです。

 

モビットは審査も最短で30分で完了して融資を受けることが可能なので即日融資も可能なんですね。銀行カードローンでは審査が長引いて即日で受けれないことも多いのでモビットは契約、振り込みの申込を14:50まで行えれば即日融資が受けられます。

 

14時以降になってしまうと即日融資を受けたい人が多くなって審査時間が遅くなってしまうことが予想されるので、午前中には申し込みを完了させておくと即日で融資を受けられる可能性が高くなります。

 

その日のうちに借りたい場合には午前中までに申し込みをしてください!

 

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

 

2-3.限度額が高い

 

 

モビットは限度額が800万円と高限度額のカードローンです。

 

消費者金融のカードローンで限度額500万円というところが多いのですが、モビットでは最高限度額が800万円と普通にカードローンを利用するのには十分すぎる限度額です。

 

しかし、モビットは消費者金融なので年収の3分の1以上は借りられない総量規制がかかるため、モビットと他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングを含めて年収の3分の1までしか借りられないので注意が必要です。

 

モビットは高限度額ですが総量規制の対象なので注意してください!

 

 

 

3.モビットの3つの注意点

 

モビットの3つの注意点に関して詳しく説明している画像

 

3-1.金利が高い

 

 

モビットの注意点としては金利が高いということが言えます。

 

最初にモビットを利用してキャッシングを利用してお金を借りようと思うと上限金利に近い金利になります。初めてモビットを利用しようとする人のほとんどがそうなのですが18.0%の金利は銀行カードローンと比較すると高いと言えます。

 

モビットで借りて返済を繰り返すことで信用が付きだんだんと金利は下がってくるのですが、初めの1年くらいは金利はほとんど下がらないというのは知っておいてください。消費者金融としては一般的な金利ですが、銀行と比べてしまうと高い感じはあります。

 

モビットは銀行カードローンと比べると金利は高くなります!

 

 

 

3-2.ATM手数料がかかる

 

 

モビットでは利用時にATM手数料がかかります。

 

自社のATMや提携ATMがある会社ではATM手数料が無料なのですが、モビットでは提携ATMがありますが、

 

利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

 

かかってきます。頻繁に利用してしまうと余計な手数料がかかってしまうので、お金が必要な場合には口座への振り込みを行ってもらい、返済は口座からの引き落としにすると手数料などの無駄な出費になりません。

 

モビットでは残念ですがATM利用手数料がかかってきてしまいます!

 

 

 

3-3.おまとめローン向きではない

 

 

モビットはおまとめローン向きのカードローンではありません。

 

モビットは3.0%〜18.0%と下限の金利はものすごく低いのですが下限近くの金利が適用される方はごくわずかです。そのため、初めてモビットでおまとめローンを利用しても金利はそれほど下がらずおまとめする効果は薄くなる思います。

 

複数の借金をおまとめする場合にはある程度金利が下がるというのが最大の条件になります。大手のカードローンを比較してみると、

 

 

金利

最高限度額

モビット

3.0%〜18.0%

800万円

三井住友銀行

4.0%〜14.5%

800万円

みずほ銀行

3.5%〜14.0%

1000万円

東京スター銀行

5.8%〜14.8%

1000万円

イオン銀行

4.8%〜13.5%

700万円

アイフル

12.0%〜15.0%

500万円

プロミス

6.3%〜18.0%

300万円

 

 

おまとめローンの場合には上限金利低い銀行カードローンを利用しするべきです!

 

金利が低いというと下限の金利ばかり目に行ってしまいがちですが、実際にほとんど方が適用される金利は上限金利に近い金利なのでおまとめローンには上限金利が低いカードローンを利用するのがポイントです。