足りない医療費を借りるのに便利な制度、キャッシングの利用方法

キャッシング即日融資

足りない医療費を借りるのに便利な制度、キャッシングの利用方法

 

足りない医療費を借りるのに便利な制度、キャッシングの利用方法に関して詳しく説明している画像

 

1.医療費が足りない場合にはまずは国の制度を

 

急な病気や怪我で入院をして手術をした場合、その入院治療費が数十万円を超えてしまうことも珍しくありません。それにそこまでの貯蓄がない人も珍しくないです。

 

そんな方のために、国の制度として高額療養費制度という制度がありますので、治療費が足りない場合には効果的に利用できる高額療養費制度をご紹介していきます。

 

 

1-1.高額療養費制度とは?

 

 

高額療養費制度とは月初から月末までの1ヶ月の医療費が高額になった場合に、高額療養費制度で定められた一定の自己負担額を超えた部分が3か月後に払い戻されるという制度です。注意点として申請を出さないと払い戻しが受けられません。

 

高額医療費制度を詳しく見てみると、

 

所得区分

自己負担限度額

多数該当

@区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費
−842,000円)×1%
140,100円
A区分イ
(標準報酬月額53万〜79万円の方)
167,400円+(総医療費
−558,000円)×1%
93,000円
B区分ウ
(標準報酬月額28万〜50万円の方)
80,100円+(総医療費
−267,000円)×1%
44,400円
C区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円 44,400円
D区分オ
(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円 24,600円

(参考)全国健康保険協会

 

 

1-2.高額療養費を計算してみると

 

 

<例1>

1ヶ月の医療費

標準報酬月額

負担

100万円

30万円

3割

 

・80,100円+(100万円−267,000円)×1%=87,430円

 

多くの人が該当すると思われる月額28万〜50万円のゾーンの方が1ヶ月の医療費が100万円であったとしても、高額療養費制度を利用すれば87,430円で済み、差額は払い戻しが行われます。

 

 

<例2>

1ヶ月の医療費

標準報酬月額

負担

100万円

55万円

3割

 

・167,400円+(100万円−558,000円)×1%=171,820円

 

月額53万〜79万円になると高額な医療費にも耐えられるという判断から負担額は月額28万〜50万円のゾーンの人に比べて重くなりますが、それでも17万円の負担で抑えられるため高額療養費制度は利用するのが良いでしょう。

 

 

1-3.高額療養費制度で注意したいポイント

 

 

便利な高額療養費制度ですが注意したいポイントがあります。

 

高額療養費制度は高額な治療費の負担に関して良い制度なのですが、

 

・支払いが申請後3ヶ月程度かかる
・差額ベッド代・食事代などは対象外

 

高額療養費制度のスケジュールとしては、

 

 

スケジュール

@

高額な医療費を自分で先に支払う必要がある

A

高額医療費の払い戻しを受けるために申請をする

B

申請をして受理を受けてから3ヶ月後位に払い戻しを受ける

 

になってしまうので、先に高額な医療費を支払うだけの資金が必要になってきます。また、差額ベッド代・食事代など保険外の負担は高額療養費制度の対象にはならないので注意が必要です。

 

便利な高額療養費制度にも注意すべきポイントがありますので確認してください!

 

 

2.高額医療費を先に支払えない場合には

 

高額医療費を先に支払えない場合に関して詳しく説明している画像

 

2-1.高額医療費貸付制度

 

 

高額医療費貸付制度とは高額療養費制度の払い戻しを受けるまで3カ月以上かかることから、治療費の支払い、当面の資金のつなぎとして高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で借りることができる制度です。

 

<例1>

1ヶ月の医療費

標準報酬月額

負担

100万円

30万円

3割

 

制度

金額

療養費制度での自己負担額

80,100円+(100万円−267,000円)×1%=87,430円

高額医療費貸付制度

(100万円−87,430円)×80%=730,056円

自己資金で支払う金額

(100万円−87,430円)−730,056円=182,514円

 

高額医療費貸付制度を利用することで申請から3週間程度で8割の資金を無利子で借りることができます!

 

高額医療費貸付制度で8割の資金を借りることができたとしても例1の状況を見ると、18万円は自己資金で賄わなければいけないので注意が必要です。その資金の用意も難しい場合にはキャッシングやカードローンを上手に使う必要があります。

 

 

 

2-2.医療費をキャッシング・カードローンで賄う

 

 

医療費をキャッシング・カードローンで賄うに関して詳しく説明している画像

 

 

医療費を借りるなら銀行カードローンを利用もおすすめです。

 

医療費でも借りられると具体的に書いてある銀行や消費者金融はも少ないのですが、オリックス銀行カードローンでは医療費でも積極的に融資をしてくれるおすすめの銀行カードローンです。

 

オリックス銀行カードローンでは限度額が300万円以下なら原則所得証明書不要ですし、来店不要でネットだけで申し込み、審査が終わるので忙しい方にとってもおすすめの銀行カードローンです。

 

医療費を借りるなら積極的な融資のオリックス銀行はかなりおすすめです!

 

 

医療費を借りるならオリックス銀行カードローン

http://www.orixbank.co.jp/


 

 

 

<あなたにおすすめページ>

 

キャッシング!即日融資・低金利で利用できるカードローン!に関して詳しく説明している画像

 キャッシング!即日融資・低金利で利用できるカードローン!

 

即日で融資を受けられる銀行、消費者金融は意外と少ないのです。そこで、即日融資が可能なおすすめカードローンをご紹介していきます。