キャッシング・カードローンは保証人・担保不要

キャッシング即日融資

キャッシング・カードローンは保証人・担保なしで借りられるの?

 

キャッシング・カードローンは保証人・担保不要に関して詳しく説明している画像

 

1.キャッシングは保証人・担保が必要?必要ないの?

 

キャッシングを利用する時に気になるのが保証人・担保が必要になってくるのかどうか?ということです。キャッシングやカードローンを利用する時に保証人が必要になれば気軽に利用することはできませんからね。

 

そこで、銀行や消費者金融でお金を借りるときに、

 

・キャッシングでは保証人は要らないのか?
・担保なしのカードローンはあるのか?

 

キャッシング・カードローンに関する保証人・担保事情をご紹介していきます!

 

 

1-1.キャッシングでは保証人・担保は必要がない

 

 

実は、キャッシングで保証人・担保は必要ありません。

 

キャッシングを利用することは他の人には知られたくない、でも保証人や担保が必要かもしれない、そんな風に悩んでしまっている方もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、キャッシング・カードローンは親や知人による保証人・担保なしでお金を借りることができるようになっています。

 

最近では、知り合いの保証人を立てると借りる人が全然増えないので、保証人・担保の役割を保証会社が代わりにすることで自分で保証人を立てることなくお金を借りることができます。

 

そのため、キャッシングの利用時に保証人・担保は基本的に必要ないんですね!

 

 

 

1-2.保証人・担保の代わりをしてくれる保証会社とは?

 

 

保証人・担保の代わりをしてくれる保証会社に関して詳しく説明している画像

 

 

保証会社とは保証料を支払う代わりに保証人の役目をしてくれます。

 

キャッシングで保証人・担保を立てることが難しい人が多いので、お金を借りたい人が保証会社に保証料を支払うことで保証人の代わりをしてくれるので知り合いに保証人を頼む必要なく銀行や消費者金融でお金を借りることができるのです。

 

キャッシングでは金利に保証料と具体的にホームページに書いてありませんが、金利の中に保証料が含まれていることが一般的です。キャッシングの金利が高くなってるのも保証料が含まれているのも一つの理由です。

 

キャッシングでは保証人の代わりを保証人の代わりをします!

 

 

 

1-3.どうして保証会社が必要なの?

 

 

保証会社の利用で利用者と業者の両方に大きなメリットがあります。

 

保証会社に金利を多く支払いたくないと感じる人も多いですが、利用者は保証人を親族や知り合いに頼む必要もありませんし、業者は保証会社が保証人の代わりをすることで手間などが削減でき審査なども早く終わらせることができます。

 

実際に保証会社が間に入らないと審査に1週間近くはかかってしまうので、即日融資はできませんし、保証人を立てることができなければお金を借りることもできないので保証料はかかりますが保証会社の存在はメリットも多いんです。

 

保証会社の利用で利用者と業者に多くのメリットがあります!

 

 

 

保証会社利用のメリット

利用者

・保証人、担保を用意する必要ない
・即日融資も可能になる
・審査の結果が早くわかる

業者

・手間やコストが削減できる
・手続きをスピーディーにすることができる
・利用者を増やすことができる
・審査は利用者だけで良い

 

 

(参考)
代位弁済ってどんな返済の方法なの?

 

 

 

2.キャッシング・カードローンの保証人と連帯保証人の違い

 

キャッシング・カードローンの保証人と連帯保証人の違いに関して詳しく説明している画像

 

2-1.保証人とは?

 

 

保証人とはどのような責任を負うのでしょうか?

 

キャッシングなんですが、お金を借りるということなので保証人が必要だというようなイメージがないでしょうか。保証人とはお金を借りる際に返済を行えるのか判断が難しい時に、返済を行えなかった時の担保として保証人に支払いを行わせるものです。

 

保証人とは第一義的な責任は借主にあり、お金を借りた人が自己破産や債務整理などで返済が困難になってしまって初めて保証人に支払いの請求をされるという構図になっています。

 

そのため、保証人は借金した本人に取り立てが優先されます。

 

 

 

2-2.連帯保証人とは?

 

 

連帯保証人とはどのような責任を負うのでしょうか?

 

連帯保証人は良く聞きますが連帯保証人というのは非常に厳しい決まりで、お金を借りた人が返済をできない状態でなくても連帯保証人を結んでしまっている場合に借主でなくても連帯保証人が最初に返済の請求をされる可能性があるんです。

 

連帯保証人はお金を借りた人と同列に扱われてしまうので、自分は借りてないから借主に先に支払いの請求をしてと言ってもそれはできないのが連帯保証人の辛い所なんです。

 

連帯保証人は借主と同列を見なされる大きな危険があります!

 

 

 

2-3.連帯保証人と保証人の違いは?

 

 

保証人と連帯保証人の意味合いは全然違います。

 

何かしらの理由でお金を借りる時に出てくる言葉として、『保証人』『連帯保証人』というものがあります。これらの違いは明確で、きちんと知っておかないと何かの際に人生が狂ってしまうことにもなりかねません。

 

保証人と連帯保証人の違いをはっきりとさせておきましょう!

 

 

例えば、友人Aが借り入れをした場合、

 

 

2-3-1.保証人の場合

 

その際、Bさんは「保証人」になり、のちに貸金業者から借金の支払いを請求された場合、自分のところに来る前に友人Aに請求をするように言えますし、差し押さえ等もまず友人Aに行うように言えます。

 

保証人の場合は借り入れをした本人から最大限の努力をして、それでも返済の見込みがない場合に補償するということになります。

 

 

保証人仕組みに関して詳しく説明している画像

 

 

順番としては、

 

@ Aさんに返済の請求をする
A Aさんがどうしても返済ができない
B 最終的にBさんに返済の請求がいく

 

そのため、Aさんが返せなくなって初めてBさんに請求できるのが保証人です!

 

 

 

2-3-2.連帯保証人の場合

 

同じ状況で貸金業者がやってきた場合、友人Aのところへ先に行くように言うことも、先に友人Aの方を差し押さえるように言うこともできません。連帯保証人は、借り入れした本人と同等の債務を背負っていることにみなされることになるからです。

 

友人や家族、恋人だからと簡単に書類にサインをすることだけは避けなければなりません。特に連帯保証人にはならないようにした方が無難と言えます。

 

 

連帯保証人仕組みに関して詳しく説明している画像

 

 

順番としては、

 

@ Aさんに返済の請求をする
@ Bさんに返済の請求をする

 

このように、連帯保証人の場合にはどちらに先に請求しても良いんです!

 

 

2-4.連帯保証人と保証人のまとめ

 

 

 

負わなければいけない責任

保証人

@ 1番の責任は借主にある
A 借主が返済ができな場合
B 保証人が責任を負う

連帯保証人

@ 借主と連帯保証人の責任は同じとみなされる
A 借主と連帯保証人どちらからでも返済を請求できる

 

 

 

<お役立ちページ>

 

 

即日融資

 低金利で即日融資ができる人気カードローン公開中

 

即日融資ができるカードローンを選ぶ基準というのは意外とわかりにくいと思います。そこで、低金利で審査も早い人気カードローンをご紹介します。